歯周病という言葉は、ここ数年でかなり知られてきたと思います。
歯周病とは、細菌の感染によって引き起こされる炎症性の疾患で、歯茎や歯を支えている骨を溶かす病気です。
しっかりブラッシングが出来ていないとプラークが溜まり、歯と歯の間などに多くの細菌が停滞し、炎症を起こして歯茎が赤くなったり腫れたり、痛みが出る場合もあります。
さらに進行してしまうと歯がグラグラしてきたり、膿が出てきたり、最終的には歯が抜けてしまう、もしくは歯を抜かなくてはいけなくなってしまいます。
このように進行のレベルは人それぞれなので、歯科医院でご自身の歯周病の進行レベルをチェックし、その方に合った適切な治療を受け、ご自宅での口腔ケアもしっかり行なっていけば改善していくことができます。
近年では歯周病の細菌が全身の病気を引き起こす原因になるということもわかってきている歯周病。
歯科の定期検診をご自身のルーティーンにしませんか?


https://youtu.be/X8xwIidn3TE