様々な生活習慣病は睡眠時無呼吸症候群(SAS)が原因かもしれません

睡眠時無呼吸症候群とは?SAS(Sleep Apnea Syndrome)

眠っているときに呼吸が停止したり弱くなることで、十分な酸素を取り込めなくなったり、熟睡できなくなったりする病気です。
正常時では睡眠中に舌根(舌の根本)が気道に落ち込むことはありませんが、SASに罹患していると下図にあるように、寝ている間に中~下咽頭部が気道に落ち込み気道が閉塞して呼吸が止まりやすくなります。
このことにより睡眠中に本人が気付かない覚醒(目覚め)が頻繁に起きて、睡眠が分断され睡眠の質の悪化をまねき、昼間の眠気や朝の頭痛を生じる原因となります。

  • 正常時
  • 正常時
  • 閉塞時
  • 閉塞時

睡眠時無呼吸症候群の症状

睡眠時無呼吸症候群の症状

睡眠中のいびき、10秒以上の呼吸停止、
ときに呼吸停止が1分を超える場合もあります。
夜中に目が覚める(途中覚醒)、夜間尿回数の増加
起床時の頭痛、熟睡感がない
昼間の眠気、倦怠感、居眠り
集中力、記憶力の低下

治療方法について

当院では、睡眠時無呼吸症候群に対して、スリープスプリント(マウスピース)を使用した、いびきや無呼吸の治療を行っています。

スリープスプリント(マウスピース)の特徴

スリープスプリント(マウスピース)の特徴

下顎が少し前に出て舌が上がり、気道が広がる事で呼吸がしやすくなります。

上下一体型(モノブロックタイプ)

上下一体型(モノブロックタイプ) 5つの特徴

  • 1.上下顎が固定されている
  • 2.下顎の位置を細かく微調整が出来ない
  • 3.使用により不快感や顎関節を痛める時がある
  • 4.嚥下や咳がうまくできない
  • 5.保険適応されているため製作費用が安価

上下一体型(モノブロックタイプ)

上下分離型(ソムノデント)

上下一体型(モノブロックタイプ) 5つの特徴

  • 1.上下分離で下顎を動かせるため、顎関節に負担が少なく、
     また嚥下や咳もできる
  • 2.装置内部にソフトな素材を採用しているため、
     装着感がよく、着脱も簡便
  • 3.下顎の微調整ができるため、
     長期使用しても適切な状況で使用できます

上下分離型(ソムノデント)