お子様の将来のお口の健康を守るために

将来にわたるお口の健康は、ずばり小さい頃に決まります。幼少期からのケアをしていて、それを親御さんがサポートすることではじめて、将来のお口の健康は保たれるのです。このページでは歯医者へ通うタイミングや、乳歯の健康を守る重要性についてお伝えしています。お子様を持つ親御さんはぜひ参考にしてみてください。

お子様の将来のお口の健康を守るために

通院のタイミングはいつ?

乳歯が生えたとき

理想的な通院のタイミングは「乳歯が生えたとき」です。乳歯の状態をチェックし、虫歯予防のためのフッ素塗布などを行います。まだ、物心はついていませんが、初めて歯医者に来たときの印象は記憶に残るので、恐いところだと思わせないことも大切です。問題がなさそうでも、歯医者に慣れるために一度いらしてください。

歯が生えそろったとき

乳歯は全部で20本。3歳くらいで生えそろいます。乳歯は永久歯よりもやわらかく虫歯になりやすいという性質があります。進行も早く、永久歯にも悪影響がありますので、自治体などで行われる1歳半検診や3歳児検診で虫歯があると指摘されたお子さんはお早めに当院へお相談ください。

生え替わりがはじまったとき

6歳くらいから、歯が生え替わりはじめます。お子様によって生え替わりのタイミングや期間の長さは異なるので、何か気になることがあればご相談ください。一人で磨けるようになるまでは、親御さんが仕上げ磨きでフォローをしてあげましょう。

お子様が歯医者へ通院するメリット

お子様が歯医者へ通院するメリット

将来のお口の健康につながる
小さい頃から、歯医者へ行くことや毎日のブラッシングなどが習慣づくと、将来的に大人になったときのお口の健康に良い影響を与えます。大人になってから予防の習慣を身につけるには難しいので、小さい頃がチャンスです。

正しい歯並びで健やかな成長を支える
正しい歯並びを促し、よく噛むことで消化しやすくなり、栄養吸収の効率化を図れます。噛むことは脳の発育にも良いといわれています。

将来的なリスクを把握できる
虫歯のなりやすさ、将来的な歯並びの乱れなどをある程度予測できます。早めに予防処置や矯正治療を受けることで、大人になったときのリスクを抑えられます。

院長からのアドバイス
虫歯になりにくい、おやつのあげ方

私はおやつをあげることも大事だと考えています。虫歯になるからといって、すべてのおやつを取り上げてしまってはお子さんもかわいそうですよね。以下は私がおすすめするおやつの例を紹介します。ぜひ採り入れてみてください。

【おすすめのおやつ】

野菜系 噛みごたえ系 キシリトール系
イモ類や野菜など
※糖分が低く、おなかにたまるのでおすすめです
グミ、にぼしなど
※顎の発育にいい影響を与えます
ガムやあめなど
※キシリトールは歯を強くします

親御さんからよくいただくご質問

Q.乳歯の下から永久歯が生えてきました。問題ないでしょうか?
A.永久歯が圧迫されることで歯並びに乱れて生えてしまう可能性があります。気になる場合は一度当院までご相談ください。生え方をチェックし、適切な処置をご提案いたします。
Q.永久歯の歯の数が足りないようなのですがどうすればいいでしょうか?
A.ご安心ください。歯並びやかみ合わせに問題がない場合は大きな問題はありません。様子を見ながら、しかし、過剰歯など本数が多いとき、上顎・下顎どちらか一方のみ生えているときは矯正治療を検討させていただきます。
Q.子どもが怖がったりしませんか?
A.当院ではお子様のペースにあわせて診療を進めていきます。はじめてのご来院の際には、慣れることを重視し、場合によっては処置は行わないこともあります。人見知りのお子様でも安心して治療を受けられるよう配慮しますのでご安心ください。

虫歯について知りましょう

予防処置についてはこちら